10 月を締めることが出来て、安堵しながら迎えた三連休の初日。

まずは、ナッシュを病院に連れて行った。
以前もなったのだが、首におできが出来て化膿してしまった。

前回と同じように、その部分の毛を刈って消毒。
抗生剤をもらって服用。
乾癬かも知れないけど、 切開とかはしないつもり。

そして、帰宅してから Windows タブレットを弄くってみる。
実は、これまで本腰を入れて使ったことはなかったのだ。
仕事のメールを送受信するぐらいで、Windows8 がどうなっているのかさっぱり判っていなかったのだ!?

昨日、会社で Windows8.1 にアップデートを行っていた。

スタートメニューが復活したと聞いていたので喜び勇んで押してみれば、ただスタートメニューに戻るだけだった!
思わず苦笑いが出てしまった。。。

気を取り直して、Windows ストアから色々とアプリをインストールしてみた。
そして、色んな調整を施し、色んな動作をしてみた。

Windows8.1 は PRO ではない 32 ビット。
そんなことも影響していると思うが、やはり固まったりすることがある。

特に、スリープ状態から復帰した時に発生する。
どうやら、ディスプレイ上の表示はパッと切り替っているが、内部のシステムはスリープ状態から一生懸命復帰しているプロセス中みたいだ。
試しに、固まった表示のまま暫く待ってから操作すると、スコッと動いてくれるのだ。(笑) 

それに起動したときも、直ぐにネットにアクセするとインターネットに接続されていませんとなる。
Wi-Fi マークはちゃんと接続状態に表示されているのだが。。。
ハードウェアの影響も多分にあるとは思っている。

基本的には、PC の OS だと言うこと。
PC の OS だが、タブレットのタッチ操作でも扱える OS と言うこと。
弄くってみて、そんなことを感じた。

だから、タブレットとしては、iOS にはとても及ばない操作性である。
例をひとつ挙げれば、ソフトウェアキーボードがそうだ。
iOS では、ソフトウェアキーボードで入力中の項目は常に表示域に表示されている。
だけど、Windows では、ソフトウェアキーボードの裏に入力中の項目が隠れて四苦八苦することが度々ある。
その差は歴然として存在している。

しかしながら、昔の Windows に比べれば格段の進歩も感じる。
まず、見映えがとても良くなった。
小洒落た感がやっと出てきた感じだ。

そして、Windows タブレットは、基本的にはメトロ UI のフロント部分で諸々の操作を行った方が良いのだろうと感じた。
パッと出して、パッと使う。
そんな感じで。
そして、仕事関係をこなす時は、デスクトップに移って物理キーボードで諸々をこなす。

要は、一石二鳥的なデバイスなんだと。。。