映画化もされた小説でのセリフを覚えている。

今宵は先輩から誘われた。
いつものケースとは異なり、その先輩の境遇が酷すぎた。
まるで、スケープゴート。
よくもまあ、そんなことが出来るものだと驚愕した。

だけど、自分たちや先輩も含めてスケープゴートのままでは終わらない。
そう、まだ終わっていないんだよ。
これから、狩りが始まるはず。
戦々恐々の時が訪れるんだよ。
そして、そんな恐れる人たちに贈りたい言葉。

「震えて眠れ!」

もう、我慢の限度を超えたから。。。