ここ最近、宴席の翌日は胸焼けに襲われることが多くなってしまった。

まあ、こうやって地元駅について、〆炭を食べるか食べまいか悩み、食べてしまうと必ず襲われる。

今朝もそうだった。
昨晩は、よせばいいのに小腹が空いたと感じ、ななチキなどを買って食べてしまう。
分かっていながら、その欲望が抑えきれないのだ。

そして、翌朝に激しく後悔し、戒めの罰としてその痛みに耐える。

年明け、退職したあとは、宴席の機会も減るだろう。

今だけはとは感じているのだが。。。