今日、病院へ行った。

かかりつけ医に行き、エコーを撮ってもらったところ心筋梗塞だった。
以前、心筋梗塞疑惑を受けたことがあったので、今回もそうだろうとタカを括っていた。
正直ショックだった。。。

でも、先生に何か最近思い当たる節は?と尋ねられ、あっ!と気付いたことがあった。

ジムでのブラックアウト事件

激しい胸焼けと思い込んでいたものは、心筋梗塞の発作だったとの見解に至った。
胸焼けと心筋梗塞の痛みの区別がつけられなかったのだ。。。

大きい病院への紹介状を書いていただき、おやつ時に向かった。

3 本の冠動脈のうち、1 本が塞がっているとのこと。
血栓もあった。
だけど、硬さもあるようだ。

このままの入院を勧められた。
だけど、正直に年明けに早期退職をするので、1 月はオール年休となるので 1 月に入院させて欲しいと伝えた。
自分が描いている退職までのストーリー。
今日から入院となり、正月も病院でとなるとなし崩し的に退職となることをどうしても避けたかった。

「リスクがあることは認識されていますよね?」
「はい、認識しています。」
「分かりました。来週は通院できますか?」
「できます。」
「では、年内通院として、年明けに入院としましょう。」
「ありがとうございます。」

今まで胸焼けと感じていたものは、心筋梗塞の痛みだった。
だから、ガスターや牛乳を飲んでも効果を感じなかったのだ。
ロキソンで痛みが引いたのだもの。

こんなタイミングでと嘆いてみても仕方がない。
心臓にひとつ爆弾を抱えてしまっただけ。

絶対に後悔をしない幕の下ろし方をしたいのだ。。。