朝のジムワーク。
腰はだいぶ良くなった。

腰に負荷がかからない筋トレ種目を再開する。
多分、もう大丈夫そう♪
腰の痛みが無くなるまでは、腰へのインパクトがある種目を除外すれば。

午後は大船までシエラの点検へ。

若き営業マンが、大船の店長になった。
必然的に、自分も大船の顧客にシフトしていた。(笑)

栄転だね!

いろいろ話をして、何故かラパンのモードに試乗した。

クルマをどうするかが、この先一年ぐらいの課題。
6 年間で 1 万キロも走らない利用状況。
であれば、次の車検前で手放しても生活パターンにインパクトはないはず?
必要な時はタイムズのカーシェアリングで良いのかと。。。

ラパンは、そのスタイルリングがシンプルでクルマらしさがあるから好きなのだ。
四枚ドアである点は必須。
それと、憧れのベンチシート♪
で、ボディカラーとオプション設定次第で、少し昔の MINI に似るようになる。
そんな話をして試乗となった。

速さは、今現在はそれほど必要でもないのでターボもいらない。
出猟もしないので、四駆もいらない。
スマホナビや AppleCarPlay があれば、ナビもいらない。
小さな軽自動車サイズであれば、取り回しに苦労することもないので全方位モニターもバックモニターもいらない。

そんなチョイスをした見積書を見れば、下取りが良ければ数十万で買える値段!?

ラパンは、車重を軽くしてノンターボでも動力性能に遜色無いようにして、燃費も一番良く、装備も必要最小限に留めて価格を抑えている車種。
また、下取り価格も結構高めの車種。
オープンな話にはできないが、営業マンとしてラパンみたいなシンプルで必要十分なクルマではなく、普通車価格と変わらない豪華フル装備のハイト系ワゴンを選択されることが疑問なのですと。。。

まあ、営業トークが入っているとは思うけど、なかなか的を得ているとは感じた。
試乗した感じでは、動力性能に不満は無い。
多分、AT ではなく CVT を組み合わせたことが正解のように感じた。

あと、下取りはここ最近の傾向として、BIGMOTOR が勝てないほどの価格を提示してくるので、BIGMOTOR で一度査定してもらった方が良いとの提案を受ける。

さぁ、どうする?

まずは BIGMOTOR での査定。
その結果で、下取り価格と値引価格を加味して数十万の新車価格となるのであれば、妻に相談してみようかと思っている。
来年が車検で、シエラに乗って 7 年となる。
乗り続けるのであれば、車検とサービスパックなど総額で 十万オーバーとなるはず。
クルマを手放す選択であれば、ラパンも消失する。

ただクルマを降りるには、正直まだ早過ぎる思いもあるし。。。

そう言えば、黄金町のお気に入りのカフェベーカリーもラパンと言う名前だった!?
ラパン、要はうさぎさん。
自分自身も卯年なんだよな〜。

これらもウサギ繋がりの何かのご縁か?(爆)

個人的には、艶消しブラックのエイトスポークを履かせたい!