急展開となったが、ジムニーシエラに別れを告げて、ラパンモードに乗り換えることになった。

その経緯は、先日の記事の通り。
そして、実はだいぶ昔から自分はラパンが好きなのだ。
過去に書いた記事で、その心境を「浮気心」や「一ヶ月点検」などで書き表していた。

シエラについては、この 3 月で 7 年目に突入する。
だけど、走行距離は 1 万キロを越えていない使用頻度。
来年の車検費用や、使用頻度が少ない状況下でのランニングコスト。
もう、クルマは手放そうかとも思っていた。

で、若き営業マン、今となっては店長さんなのだが BIGMOTOR で査定してもらって買取価格がどれ位になるのか調べてもらっては?と囁かれた。
翌日の金曜日に従順に BIGMOTOR へ行き査定してもらったところ、驚きの買取金額が提示された!

ディーラー相場のおよそ二倍弱!?
うん、三桁に届いちゃったよ。。。

となると、やはり数十万で新車のラパンが買えてしまうのだ。
熟考してみたが、セカンドライフを迎えた今、自分のライフパターンでクルマを所有するのであれば軽自動車というチョイスは至極正しいものだと確信した。

そして、あとは若き営業マン、今となっては店長さんの頑張り次第の様相となった。

必ず欲しいオプションとできれば欲しいオプションとカー用品店で購入した方が安いオプションの三段階、プラン A &プラン B &プラン C を準備して臨んだのだが、最低限必ず欲しいオプションのみのプラン A の前提で指値を伝えた。
妻からの伝言だとも言い添えることも忘れなかった。(笑)

「オプションはこれ以上は無しでお願いできますか?」
「うん、指値が実現できるならしない!」
「分かりました、少々お待ちください。」

果たして、その結果は端数もなく伝えた指値のままで見積書提示してくれた!

「ありがとう!契約するー!!」

巷のラパンの値引き情報を事前にサーチしておいた。
そして、期末であるこの時期。
それらを勘案して指値を決めた。
無論、今後の生活に支障をきたさない金額であることも。

なんか、全てがうまくスムーズに運べた。
嬉しかった!

普通のラパンではなく、モードというタイプ。
普通のラパンだと、どうにもいい歳のオヤジが乗るには可愛過ぎた。
このモードであれば、ギリギリ許容してくれる範囲だと感じた。

ツートンで、ルーフが白色でボディが紺色。
それにデカールで飾ってみた。

見辛いけど、こんな感じに仕上げた。
やっぱり艶消しブラックのエイトスポークホイールを履かせたい!!

また、トヨタカローラと同じく、ナビではなくディスプレイオーディオを選択した。
コストを安くするためと、スマホ連携の方が今後は主流になると判断した。
マップ&ナビアプリであれば、地図更新費用も不要なので!

納車時期は未だ分からない。
ラパンモードは、結構な人気車らしい。
一ヶ月ぐらいかな?

で、こんなものをプレゼントにくれた。

これって、既にラパンモードの次の伏線が張られたと言うことなのかっ!?(爆)