昨晩は知らぬ間にうつらうつらと寝入ってしまった。

この病院は富士山が見られることを知った。

世間の COVID-19 騒ぎを、病室のテレビで傍観する。
そう、今は傍観者。
良いのか悪いのか?

入院前日からカフェインの摂取を禁んじられている。
だから、水しか飲まないようにしている。

無事にカテーテル造影検査が終了。

病室で点滴を 3 本ほど。
心電図も付けられたので、異なる階への移動はできない。
異なる階に行ってしまうと電波がナースステーションに届かなくなり、エライ騒ぎの捜索活動が催されるとのこと。

そんな事は梅雨知らず、検査後の飲食制限解除で無性にカフェインを摂取したくなる。
看護師さんに相談してみれば、ヘルパーさんがいるので頼めるとのこと。
忍びなかったが、ボスのクラフトコーヒーの買い出しをお願いした。

検査は、左手首からカテーテルを挿入し、心臓の冠動脈まで送り込み造影剤を散布しその状況を動画記録する。
設備は東芝製だった。

途中、血管を広げるために、ニトロを二回舌下へ噴霧された。

自分用に使用したので、お持ち帰りくださいと。。。
自分がどんな時に使うのか意味不明だ!?

そしてお昼ご飯。
これは、まあまあ美味しかったな!

自分の病院食は、エネルギーコントロール 1600 塩 6 定食と言うみたい?
要は、一日 1600Kcal で塩分 6g 未満なのだろうね。
あと、服用している薬のせいで、納豆とグレープフルーツは食べられない人となってしまった。

担当医からの説明で、冠動脈で細くなっている先にも造影剤は届いているとのこと。
年齢的に言ってまだ若いので、ステントを入れることも可能。
ただ、血流が届いていても、その先の心臓壁は壊死してしまってるので、ステントを入れてもその効果は分からないとのこと。
ステントを入れるか、服薬でいくかは、次回の外来で決めていきましょうと。
自分の中では、金属を体内には入れたくなく、服薬と有酸素運動でなんとかしたいのだが。。。

ヘルパーさんに頼んだコーヒー。

久しぶりのコーヒーは美味かった!