味覚。

ここ最近、自分の洋食における味覚のベースが確立されていると思うことがある。
正直に言って、比較のベースとなるのは井土ケ谷にある「ふうじん」というビストロの味だ。

例えばコンソメスープ。
高級や絶品とうたわれるお店や結婚式などで出されるそれは、以前は無条件に美味しいと感じていた。
だけど、「ふうじん」のランチで出されたコンソメスープを飲んでしまうと、途端に他のお店などで出されていたスープは何だったのだろうと思えてしまう。
透明さのみを追求しているんじゃないかと。。。

美味いスープは飲んだ瞬間に、口の中に複雑な豊潤さ広がるものだと判った。
思わず後を引いてしまうものだ。
出汁の旨味が全てだろうと。
そして、それを如何に引き出すかが料理人の腕だと思っている。

みそ汁もそうだと思っている。
射友の民宿で出されたのりのみそ汁が一番美味かった。
豪華な蟹や伊勢エビなどがおごられるてはいないが、一番美味かったと。

結局は料理人が陽の当たる主役となるような場合には、殆どそれらは感動を覚える味が出されることは皆無だと経験的に認識をした。

何気なく出された一皿にこそ、本当の美味さがあるのではないかと。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です