泣き虫愛ちゃん。

世界卓球選手権の団体戦。
相手は韓国。
第一試合はストレート負け。。。

だけど、テレビで観る福原選手は、もう泣き虫愛ちゃんではなかった!

顔付きが全然違う。
気迫によるものが大きいと思うが、もうアスリートとして鬼気迫る勝負師の顔だ。

福原選手と福岡選手が敗れる中、平野選手がひとり必至に食らい付きタイに持ち込んだ。
そして、悪い流れを作ってしまった自責の念を持って、再度福原選手にバトンが託された。。。

ものすごい重圧だったと思う。
試合後に、「恐くて逃げ出したくなった。。。」と心境を吐露していたが、当然だろう。

だが、最後にその重圧を跳ね返しての逆転勝ち!
一瞬、自分の涙腺が緩くなるのを感じてしまった!?(^。^;)

今年の卓球日本女子のテーマは「魂」とのこと。
十分、そのテーマに向かって突き進んでいると思っている。(^-^)V

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です