人的援助。

中国が四川大地震の人的援助として、日本の国際緊急援助隊の受け入れを表明した。
既に先発隊の30名が北京入りし、第二陣の30名が後を追う。
そして、災害救助犬3匹と医療チーム約20人も。

他国に先駆けて日本からの救援隊が受け入れた理由は、距離が近く速いこともあるし、胡錦濤国家主席来日直後という事情もあるかと思う。
いずれにせよ、ミャンマーとは異なり賢明な判断だと思っている。

ニュース映像で観た支援物資を奪う姿。。。
これは、お国柄の違いなのだろう?
そもそも列を成して順番を待つことが無いと聞いている。

対外的には問題を持っている隣国だが、今回の日本援助隊の受け入れは嬉しく思っている。
日本とは比較にならないほどの大国。
外交的にも問題を多々含んでいる国。

だけど、やっぱり同じアジアの隣国として、上手く関係を構築出来たらと願っている。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です