ピンぼけな打合せ。

嫌な感じはしていた。。。(一。一;;)

親会社の営業からコンペチターにくい込まれつつあるので、やる気と誠意をアピールするために是非とも打合せに出席してくれと!?
だいたい、この手の話しで良い話しは聞いたことが無い。(笑)
だけど、自分のスタッフもそう言うので出席することにした。

そもそもこの手の展開であれば、一中間管理職が出て効果が現れるものでは無い。
やはり、経営者が現場に出てこそ効果が現れるものだと思っている。

案の定、打合せに出席してみれば、ピントのずれた打合せだ!?(悲)
本来はデモを期待されていたのに、紙ベースの資料提示しか出来ていない。
そんな場の中で、まるっきり効果の無い自分の挨拶。
喋っている途中で、自分自身が居たたまれなくなってしまった。。。

自分はピエロか?(-_-メ)

思いっきり、親会社の営業を睨みつけてやった。
でもこの営業、この状況を正しくは捉えていない。
と言うか、捉えているいないでなく、良い方向にしか解釈出来ないらしい!?(゜゜;)
もういいや。。。

唯一の救いは、自分のスタッフだ。
暗い気分の帰り道。
ピントがずれた打合せにも関わらず、帰りの新橋駅での別れ際に発せられたセリフ。

「今日は、ありがとうございました!」

たったこの一言で救われ、来た甲斐があったなと認識させられた。。。(^-^)V

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です