居酒屋タクシー。

最近、ニュースで流行の居酒屋タクシー。。。

まだ事務所が田町にある頃、ヘビーな仕事ばかりで終電も無くなった午前0時過ぎ。
タクシーで帰るしかない状況が頻繁にあった。

疲れ果てた状態でのタクシー帰り。
当然、乗り心地が良い個人タクシーを狙う。
一般会社のタクシーのサスは、どうもプアでヘタっている。(一。一;;)

終電が無くなった時刻になると、会社事務所の前には客待ちのタクシーの列が出来る。
そして、個人タクシーを選んで帰宅する。

当然、そのような状況になると、何台かの個人タクシーの運転手さんと顔見知りになる。
そして、携帯番号が書いてある名刺をもらう。
仕事だけでなくゴルフなどでも、また場所もこの界隈だけでなく違う場所でも、連絡を頂ければすぐにお迎えに行きますからと仲良くなる。

で、タイトルの居酒屋タクシー。
その頃に、1台だけ遭遇したことがあった。

「お客さん、冷えたビールかジュース飲みますか?」
「えっ!?あるんですか?」
「ええ、トランクのクーラーボックスに積んであります。」
「マジですか?」
「ええ、お飲みになりますか?」
「い、い、いえ、結構です。」

一応は断った。
だが、、、

自宅に着いて精算して降りた時に、運転手さんがトランクからビールの6本パックを渡してくれた。

「どうぞ!」
「いいんですか?」
「ええ、いいんです。また、ご贔屓にして頂ければ。」
「そうですか、有り難うございます。」

自分は公務員では無い。
それに、好き好んで深夜まで仕事をしている訳でも無い。
だけど、タクシー代は精算処理して会社持ち。

微妙かな。。。

だけど、疲れ果てた身体には、有り難いサービスかもと思ったことも事実。
それに、飲み物ではなく、タクシー料金の端数をおまけしてくれる運転手さんもいた。

それを目当てにして、わざと深夜まで残業してタクシーを使うことは自覚の問題。

でも、本当に疲れ果てた状態であればねぇ。。。(-.-)y-.。o○

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です