複雑な想い。

その人は、以前自分の会社に在籍していた武闘派!?に見える役員だった。

そして今日、同じ業界だがごく少人数な企業の営業マネージャーという肩書きの名刺を交換した。

その人のことが好き嫌いは別として、以前役員だった人物が営業活動として自分を訪ねてくる。
この現実に、少なからず複雑な想いを抱いた。。。

自分の業界では、それなりのポジションにいた人物が紆余曲折の末退職した場合には、現職時代に懇意にしていたパートナー企業のそれなりのポジションに就任するケースが殆どだった。
天下りと等しい内容であり、個人的には辟易している。

だが、元自分の会社の役員だった人、つまり元経営者が、社会的に自分よりも低い職位に身を納め、以前は従業員の立場だった自分へ営業行為をする。
ちょっと自分にはヘビーな現実だった。。。

自分の意志を貫き、天下りに甘んじないスタイルを貫いたのだろうか?
結果としては、不器用な生き方になるのだろうか?

でも、、、

結局は、社会的な肩書きではなく、その人自身が自分自身の流儀を貫き通した結果であれば、とても凛々しく幸せな光景だとも思えたのも事実。

事実は如何なるものかは、知る由もないが。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です