悲しきMacな人。

早速、手に入れた住民基本台帳カードと電子証明書とICカードリーダーを使って、公的な電脳の世界を彷徨ってみた。

「e-Gov(電子政府)」と「JPKI(公的個人認証サービス)」では、その推奨動作環境にMacもちゃんと包含されている。

しかし、自分が利用したい「横浜市電子申請サービス」も「e-Tax(国税電子申告・納税システム)」も「総務省電波利用電子申請・届出システム」も、その全ての推奨動作環境がWindowsのみだった!?

何か、悲しい。。。(T.T)
でも、予想が当たった感もある。

既にクライアントサーバーからインターネットへ、その構造が変移した現在、クライアントOSに依存する公的システムの仕組みっておかしいくないか?
もっとも、動作確認をしていないだけであって、利用してみれば動作するのかもしれないが。。。

結局は、長いものに巻かれろってことなのだろうか?(-。-;)

4 thoughts on “悲しきMacな人。

  1. kenken

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    macはまだまだ利用できないサービスが多々ありますよねー
    そんなその他大勢ではないマイノリティなmacがオイラは好きでつ
    ( ´`)

    返信
  2. まっきー

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Boot Campでwinにしても使えないのでしょうか〜??

    孤児的にはpowerbookの頃に決別したマックに返り咲こうかなとそろそろ思っております。

    返信
  3. PORFIDIO

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >まっきー
    Boot CampでWindowsであればOKだと思う。
    でも、昨今低価格なミニPCが出ているので、ソフト購入費と比較すればミニPCを買った方がお得かも!?

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です