「その日 その時 そこにいた」〜某若夢話 写真展〜。

2004年に自分の個人ウェブサイトとして、「K’s Garage」を立ち上げた。
このブログも、本当は構成的に言って「K’s Garage」を織りなすコンテンツのひとつに過ぎないのだが!?(笑)

インターネットが普及し、自分自身の情報を発信してみるか!との思いで、自分のウェブサイトを立ち上げた。
何を隠そうそのトリガーとなったウェブサイトが、「某若夢話」というサイト。
シックな装い、歯切れの良いテキスト、地元横浜の話題、バイク乗り、美味しいもの、そして綺麗な写真。。。

そのウェブサイトの某若さんが、クイーンズスクエアで写真展を開催することを知って、今日訪れてみた。

「その日 その時 そこにいた
       〜某若夢話 写真展」

隠さずに白状すれば、自分の仕事用WindowsPCの壁紙も某若さんの撮ったフォトグラフにしている。(^^ゞ
黒と青、特に青の発色が自分好みであり、光と影のコンストラストがとても気に入っている。

某若さんとの面識は無い。
写真以外にもムービーを制作し、そのムービーを送付してもらったことと、サイトでちょっと書き込みをしたぐらいだ。
でも、怖い人だったらどうしよう?。。。(^_^;)

そんなことを考えながら、女房とふたりでクイーンズスクエアへ向かった。

会場は明るい雰囲気のギャラリー。
まずは、記帳をさせてもらって、写真を観て回る。
ウェブサイトに載っていない写真も数多くある。
やっぱり自分は、これらの黒と青の発色と光と影のコンストラストが好みだと再認識する。

昼時近くの時間にはとても悩殺的な最後の写真を観終わった時、女房が木製のベンチに並べられた写真を観ていた。

んっ!?
販売しているのかな?

そう思い一緒に観ていると、ケンタウロスのベストとシルバーのリングやブレスレットをこれでもかとジャラジャラ身に付けた方が話し掛けてきた。

「良かったら、一点だけお持ちください。」

あっ、某若さんだ!
慌てて挨拶を交わす。

「先日ムービーを送ってもらった、PORFIDIOこと○○○です!」
「ようこそいらっしゃいました!」

怖い人なんかじゃなく、とても優しげな人だ!?(爆)
そして、全てを受け入れてしまう性を持っていそうな雰囲気を感じた。。。

自分の写真の好みをお話しすると、何枚かの写真を丁寧に説明してくれた。

今では、この写真を撮れない訳。
故に、「その日 その時 そこにいた」とのタイトルの意味を理解する。

バイク乗り故だろう、、、
ツーリング中に、旅先であった人たちとの束の間の交流。
ネットやこの写真展などで出会う人たちとの交流。
二度と逢うことが無いかも知れない人たちとの出会い。

一期一会。

時間にすれば、たかだか数分ぐらいだろうか?
だけど、充分な時間。

何だか、自分も切り取ってみたくなってしまった。
安いデジカメで、ほんの数秒立ち止まってその時の時間を切り取ってみる。。。

ピンぼけになってしまったが、自分がお土産に選んだ一点の写真。

20090118160036.jpg

土砂降りの雨が上がった、クリアな横浜の夜。。。(^_^)v

2 thoughts on “「その日 その時 そこにいた」〜某若夢話 写真展〜。

  1. astaroth

    SECRET: 0
    PASS: 803f3830802c1d487201ceb76d408655
    私も以前から某若夢話さんのサイトを見ておりました
    私も怖い人かな〜と思っていたのですが、そうですか、、優しそうな人だったのですね、、、
    私も行ってみればよかったな〜…

    返信
  2. PORFIDIO

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >astaroth
    来れば良かったのに〜。
    数分の出会いがとても楽しかったよ!(^_^)v

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です