東京タクシーセンター。

先日、タクシーで帰宅した際、クレジットカードで2回決済をされた。

1回目の決済が終わった後、遠距離割引を差し引いていなかったとのことで再度カード決済を行った。
当然、1回目の決済は取り消しされるものだと思っていた。

だが、タクシーは個人タクシー、運転手さんは初老の方。
ハンディ端末操作を見守っていて、一抹の不安が。。。(-。-;)

エレベーターで自分の階まで上り、廊下から下の道を覗くと、、、
まだ、タクシーは止まっている!?
一抹の不安は、確信へと変わった!(-_-;)

あの運転手さん、クレジット決済取り消しの処理が出来ないだろうと。。。

それから何日か経ってから、クレジットカードの利用状況をネットで確認すると案の定二重徴収されている。(笑)
さて、どうするものかと思案し、直接運転手さんに連絡すると手間が掛かりそうな予感がしたので、東京タクシーセンターに電話を掛けたがなかなか繋がらない。
しかし、応答ガイダンスメッセージで、インターネットでも受け付けていると誘導している。
では、インターネットでやってみることにした。

ただ、苦情・忘れ物コーナーしかないので、そこから今回の経緯を入力し受付をした。
すると、翌日に早くも連絡が来た。

「この度は、ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。
 既に対処いたしました。
 カード決済の取り消しを実施済みです。
 また、運転手に対しては、機械に不慣れなだったとのことでしたが、
 機械に不慣れでは言い訳は出来ない!と強く厳重に指導いたしました。」

えっ!?
そこまでは、望んでないけど!
ただ、取り消しさえしてくれれば。。。(^_^;)

この東京タクシーセンターというのは、タクシー関連における顧客からの苦情のはけ口となっているみたいだ。
それ故に、このような厳しさを伝えるのだろう。
このようなケースや乗車拒否など、因縁をつけようと思えば幾らでもつけらるものだから。

真相は定かではないが、本当にあの運転手さんが厳しく指導されたのであれば、可哀想なことをしてしまったなぁ。。。m(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です