お彼岸と雨宿り。

些か寝坊をしてしまい、出遅れてしまった。。。
案の定、菩提寺の駐車場はほぼ満車だったが、タイミング良く一台のクルマが出るのと入れ違いに駐車することが出来た。

雲行きは怪しかったがすぐには降り出さないだろうと判断して、傘を持たずに親父とお袋の元に向かった。

まずは本家のお参りをしてから親父とお袋のほうへ向かおうとした時、突然の土砂降り!?
まるでスコールみたいだ。

慌てて、近くの大きな椿の木に女房とともに雨宿り。(^^)

ふたりで土砂降りの雨をしばらく眺める。
その振り方は、風に煽られ台風みたいだ。

他の参拝者は、なかなか小振りにならない雨に対し、意を決してずぶ濡れになりながらクルマに戻って行く。
自分たちは、まだ親父とお袋にお参りをしていない。
大きな椿の木も、これほどの雨になってくると雨よけの役目が薄れてきた。。。

「行くか?」
「待っても、止まないよね?」
「ああ、それにもう充分にずぶ濡れだし。」
「うん、行こう。」
「よし!」

お互い全身ずぶ濡れになりながら、お参りを済ます。
駐車場へ戻ろうと思い歩き始めれば、参道は川のようになっている!?
結局、靴の中まで水浸しだ。。。

だけど、帰宅してみれば、既に晴れ間が出始めている。

ちょっとタイミングが悪かっただけみたいだな。。。σ(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です