台湾への望郷感。

オンラインアルバムサービスは、flickrを使うことに決めた。
使い勝手やセンス、それにドメスティックに閉じないWorld Wideな内容が逆に面白く感じられるようになってしまった。(笑)

そのflickrでは、台湾の写真をよく見ている。
そして、台湾への望郷感がどんどんと膨らんでいく。。。

20080627193923

望郷という言葉は当てはまらないのだが、何故かそんな感覚に陥ってしまう。
自分自身、生まれも育ちも横浜なので、故郷もここ横浜となる。
帰省先とか田舎といった離れた土地への行き場所が、自分には無いのだ。

何故、台湾に恋い焦がれるのか、その理由は判っていない。
自分にとって、至極居心地が良いと感じられる場所であることは確かだが、明確な理由は判らない。

暑い土地、同じ肌の色、同じアジアの民、活気がある、風景が日本と同じと認識出来るデジャブ感。
暑い土地 → 暑いのは夏 → 夏は夏休み → 夏休みは子供の頃の楽しい思い出 → だから台湾は楽しい場所か?(^^;)

デジャブ感は、いつもある。。。

20080911183433

ということは、今の自分の何世代か前の自分はきっと台湾にいたのか、あるいは自分の祖先が台湾に関係していて、そのDNAによって自分の潜在深層意識にメモリーされているのだろうかと考えてしまう!?(爆)

flickr : Taiwan Group Pool.

そろそろ、何か理由をでっち上げて行ってしまおうかな?

自分の第二の故郷である、台湾へ。。。(^_-)

20080910210218
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です