営業電話。

代表電話をたまに取った時や、直接ダイヤルインで取る時もある営業電話。
アパートやマンションの経営や先物取り引きなどの類い。。。

稀に○○さんと名指しで来るときもあるが、その時は何処から名簿が流出したのかと訝ってしまう。
だが、大部分は「御社にお努めの皆様に、、、」と。

このフレーズを聞いた段階で、相手のトークの隙間を探すモードとなる。
相手も仕事故に、間隙を作らぬよう喋ってくる。
その間、こちらは無言を貫く。
そして、間が空いた瞬間に、興味が無いことと社の決まりとしてお断りすることとなっている点を柔らかく確実に伝える。
だが、相手もプロなので、間髪入れずに会話を続けてくる。
正直、ここでイラっとするのだが、短気を起こしたら相手の思う壷。

まだ喋り続けている相手に向かって、優しくもう空しくなるから諦めなよ口調で相手の言葉の上から先ほどと同じフレーズを被せる。
「え〜、悪いけど興味は無いし、会社からこの手の電話は受けないよう言われているので。」と。

敵対する感じではなく、優しくお互い時間の無駄だし、空しさを感じるからもう止めようよ!という諭すような感じで対応すると、相手の力みモードが緩み、合意を持って電話を終わらすことが出来るように感じている。
君も仕事だろうけど、こっちも仕事中なんだよと。。。

その瞬間、何かの取り憑かれたように喋っていた相手がやっと我に還り、、、
「どうしてもダメですか?」
「うん、悪いけど。(笑)」
「判りました。お仕事中失礼いたしました!」

どんな仕事でも、辛いときは辛いもんだよね。。。f(^^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です