徒労感。

昨日は、空港に着いてそのまま自宅へ!?

帰宅して、すぐにベッドへダイブ。
やっぱり寝不足。。。(ーー;)

今日は今日で、不毛なミーティング。
ある程度の経験と実績を経て、己の実力とポジションが見合っていないと自負される人が交わった打合せはとても疲れるもの。

経験で言えば、自分より遥かに上の人。
だから、言うことは正しく、説得力もある。
要は正論というやつだ。

だけど、その正論では、問題を打破することが出来ない現実。
打破しようとする意見に対しては、正論ではないので全て否定をしてくる。
そして、当事案に対しては、何の責任もない立場。
故に、時間の無駄となり、ひどい徒労感に襲われる。。。

老害という言葉が当てはまるか微妙だが、面倒を見るメンバーもいなく、損益上にも何の責を負うことがない立場で宣う理想の言葉は嘆きを感じる。
正論であり、理想論でもある。
だが、面倒を見るメンバーがいて、損益上の責を負う立場からすれば、理想は二の次で現実的に生き抜くことを優先する。
このギャップを埋めることは出来ないものであり、ある意味歩み寄って落とし所を模索しようとする。
だが、経験と年齢とプライドによって、頑固な側面が構築されてしまっている。
多分、これが老害だと自分は思っている。。。

正論と理想論が次第に愚痴へと変貌し、嘆きへと推移していく。
ちょっとしたSad Storyか?

こちらにしてみれば、嘆いている暇はなく、日々食べることと進むことを考える。
傍から見れば、大した実績も上がらず踠いている滑稽な姿に映っているだろうが、構いやしない。

そして、いつも最後は、「だったらやってみなよ!」という言葉を飲み込んで、相手への敬意を表明して幕を閉じるようにしている。。。(ーー;)))

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です