The decline of the human being power.

退院したとのお知らせ。。。

良かったとは思う。
でも、やはり不可解なことには変わり無い。

人とのつながりは、難しいものだと思っている。
それも、血縁関係にある身内ごとの話しなのに。。。

普段は疎な繋がりであっても、身内/知人/友人に何かあれば駆け付けバックアップする行動規範が根っこにある。
条件反射的なものであり、普通のこと。
環境や育てられ方によるのかとも思うが、普通のこと。

だけど、それを拒否された。。。

人間力が低下しているのだと感じている。

昭和の時代から振り返れば、これほどまでにメンタルな疾患を患って人はいなかったと記憶している。
デリケートという言葉も当てはまるのだろうが、やはり低下しているように思えてならない。
あとは、環境なのだろうと?

這いつくばって行動しなければ生き存えない境遇だと、這いつくばっても生き存えようと思う。
だけど、這いつくばらなくても生きられるのなら、楽なほうに転がってしまう傾向。

これは、環境やシステムが、ある意味充実したことなのだろう。
働かなくても、一定の保障が得られるシステム。
弱者保護の観点のもの。
でも、本当の弱者とは?と考えてしまうことがある。。。

ひとりのスタッフが気になっている。

感情を上手くコントロール(抑え込む)出来ないのだ。
激情してしまう傾向にある。
普段は柔和表情なのだが、切羽詰まると全身に力を漲らせて涙したりする。
それも、仕事においてだ。。。

自分からすれば、あり得ない行動。
適性的に問題があるし、周りにも悪影響が出ると感じている。

辛い決断と道筋を描かなければならないかと思っている。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です