LION.

起動ディスクが壊れている!と、警告が出た我がiMac。。。

昨晩、DVDから起動してディスクユーティリティで診断しても、やはり壊れていると診断された。
そそくさと修復ボタンを押せば、呆気無く修復完了!(笑)
再度チェックしてみれば、正常です!との結果。

ホッと胸を撫で下ろし、App StoreからMacの新しいOSであるLIONをダウンロード&インストール。
リリース初日とは異なり、普通にダウンロード出来て、インストールも何も問題なく完了した。(^^)v

何か、ソフトウェアのインストール方法も、どんどん進化しているように感じる。。。

で、新しいOSのLION。
まず、スクロールの方向がこれまでと逆になった!?(°o°;)
何で?

調べれば、iOSに近いものとなり、iMacなどではTrack Padを使用する前提とかになっているとか。。。
Track Padを持っていない自分は、システム環境設定>マウス>スクロールまたは移動するときに、コンテンツを指で動かした方向に移動させるのチェックを外した。
これで、スクロール方向は前と一緒になった!

次はSafari。
Safariを起動すると、ホームページではなく、前回終了した時のページが表示されてしまう!?(°o°;)
何で?

調べれば、何かそのような仕様に変わったとのこと。
慣れない自分は、システム環境設定>一般>アプリケーションを終了して再度開くときにウインドウを復元のチェックを外した。
これで、Safari起動時はホームページが表示されるようになった!

今回のLION、結構仕様が変わっている部分があって戸惑った。
でも、自分が使っているソフトは、ほとんど使えている状態。

こうなってくると、Apple Wireless KeyboardとApple Magic MouseとMagic Trackpadが欲しくなってくるのだが?

Appleの罠にまんまとハマりそうな雰囲気だ。。。(/_ _ )/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です