年賀状ソフト。

既に、先週で年賀状は印刷を終わっている。

今年は例年と異なり、震災の影響を考慮したものにした。

で、毎回思うのが、年賀状ソフトのバージョンアップ。
秋口になると、バージョンアップの案内が毎回送付されてくる。

素朴な疑問として、何故毎年バージョンアップをするのか?と思っている。

自分の場合、ここ何年かはバージョンアップをしていない。
しなくても不都合を感じないし、毎年バージョンアップするコストがもったいないと感じている。

ビジネスとしての選択と戦略だと思うが、頻繁なバージョンアップよりは何回かのアップデートを繰り返して製品を育てるほうが素敵だと思うのだが。。。(^^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です