距離別料金。

今日が仕事始め。

横浜からいつものリムジンバスに乗車して、首都高速に乗り入れるときに気付いた。
そう、年明けから距離別料金制に変わったんだったな。。。

仔細は知らないが、一律料金から距離別料金に。
料金所を通過する時に料金表のプレートがあるかと凝視してみれば、現金車は 900 円(普通車)との表示があった。

現金払いと ETC 利用で差があるのか?

首都高速を走っている間、ズーッと気になることがあった。

首都高速って、出口に料金所が無いじゃんか!?
距離別の精算って、どうするんだ?

改めて考えると、判らないことだらけだった。
で、帰宅して調べてみれば、段々と判ってきた。

まず、現金払いと ETC 利用では差がある。
結局、距離別の料金が適用されるのは ETC 利用だけ。
ただ、現金払いと比較したメリットは、24 ㎞ 以下の距離の場合は 900 円より安い通行料となるということ。
現金払いは、一律 900 円を徴収されるので、24 ㎞ 以下の距離の場合であっても安くはならない。

ふ〜ん。。。

次に、ETC 利用での精算だが、これまでのように入り口で行われるのではなく、やはり出口で行われるようだ。
首都高速から降りる出口ランプで、ピンポンと必ず ETC のチェックが行われるが、あれが料金徴収になるらしい。

ふ〜ん。。。

では、最終的にこれまでより安くなるのか?ということだが、会社へのクルマルートである花之木から臨海副都心までは 900 円が新料金だ。
従来だと、神奈川線で 600 円、東京線で 700 円の合計 1,300 円だったから、400 円ほど安くなる。
往復では 800 円となるので、かなり安くなったのではと感じている。

結果としては OK かと思うが、どうせならアクアラインも連動して安くなって欲しかったなぁ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です