懐刀。

一気に、そしてスピード感を持って回り始めた。

こんなことだったら、もっと早く決断するべきだったと思っている。
しかし、時が熟すことを待ったからとも言えるはず。

懐刀。

このようなシチュエーションを体験して、浮かんだ言葉がそれだった。

懐刀とは、古来日本において、主に護身のために懐や着物の帯の間に挟んで携帯していた小さい守り刀のことである。
そこから、身近な存在で、いざというときに頼りになるという意味合いで、比喩として懐刀を使用しだしたといわれる。

自分の懐刀、思っていた以上に切れ味が鋭そうだ。。。(^^)v

IMG_1608

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です