修復完了。

マニュアルを読まなくても使える iPhone 。
ただ、今回はそれも善し悪しだと感じた。。。

デバイス毎の設定とクラウドの設定。
これが自分の意図(思い)に反して、結構色々なことに遭遇してしまった。

ことの発端は、連絡先(アドレス帳)消失事件。

まずもって、連絡先(アドレス帳)が色んなサービスやデバイスと連携出来ることが仇となった。

Apple の連絡先(アドレス帳)は、その情報の格納先が色々とセレクト出来ること。
Mac であれば、Mac内のローカルと iCloud 上に。
iPhone や iPad であれば、それぞれのデバイス内のローカルと iCloud 上に。
それらの選択が、設定の内部にあったことを知らなかった。

今回の連絡先(アドレス帳)消失事件は、iMac 内のローカルデータだけが消えると勝手に思い込んでいて、削除をしたら iCloud 上のデータまでも全消去されたのだ。
親和性が高いが故に、その識別が良く判らなかったことによるもの。

また、連絡先(アドレス帳)が消失して、新規に iPhone で登録したデータが iCloud 上では存在しないという事象。
同期タイミングかと思ったが、いつまで待っても現れなかった。
おかしいと思い調べてみると、iPhone の内部ローカルに保存するか iCloud 上に保存するかのオプションがあったのだ。
そんなものがあるとは知らなかった。。。
iCloud と同期していれば、その全てが反映されると勝手に思い込んでいたのだ。

また、Facebook との連携オプションも、嫌になるぐらいたくさん存在していた。
そもそも、Facebook とそれほどまでに親和性を高めてどうするのだろう?

連絡先(アドレス帳)というものはパーソナルなものだし、それを SNS と連携させる方が特異だと思っている。
カレンダーについては、Facebook の誕生日やイベントと連携出来ることは認知していた。
だけど、Facebook のその他の情報と連絡先(アドレス帳)が連携されていることなんて、夢にまで思わなかった。。。

そして本日、連絡先(アドレス帳)の全データの修復が完了した。

連絡先(アドレス帳)は iCloud 上のみに格納されるものとし、Facebook との連携オプションは全てオフにした。
また、無料の連絡先(アドレス帳)バックアップアプリも導入した。

全データ、600 件弱。
古いバックアップデータから復元し、データが残っていなかった場合には個人毎に確認をして、その情報を入手した。
そして、ちまちまと二日間かけて復旧。
この二日間は、ほぼ寝不足状態だった。
だけど、晴れ晴れしい気持ちだ!

でも、、、

先ほどフッと思い出したのだ。
Gmail の存在を。。。

Gmail にもアドレス帳がある。
ひょっとして、その中にデータが残っていたのでは?と。

案の定、確認してみればデータが残っていた。
それも、バックアップから戻したものよりは、遥かに新しい時期のデータが!?(°口°;)

やっちまった。。。

Gmail から復元すれば、容易く復旧出来たのだ。

灯台下暗しとでも言うのかなぁ。。。(ーー;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です