家計簿。

家計に携わることになった。

以前、自分が家計を預かって滅茶苦茶に破壊してしまったので、完全に妻へ移管をしていた。
正確に言えば、取り上げられてしまったのだ!?
しかし、今年からは一緒に考えようと恩赦を与えられた。(笑)

自分が携わっていた時は、Mac 用の家計簿ソフト「ぱぱっと家計ノート」というものを使用していた。
でも、今はそのソフトは無くなってしまったようだ。
よって、Numbers でやろうかと考えているのだが、最近はクラウドでの家計簿が流行りのようだ。

ウェブベースで、資産口座などを登録するとその入出金データを取込んでくれるもの。
ちょっとセキュリティが怖いなと感じたが、ログインパスワードと取引パスワードの二重構えのインターネットバンキングであれば大丈夫だと感じた。

この連休で、月間/年間の基本収支は Numbers で纏め上げた。

Apple の表計算ソフトである Numbers は、最初 Excel の操作に慣れた自分は戸惑った。
しかし、使っていけば、結構使いやすいものだと知った。
で、その基本収支を纏め上げる際に、銀行口座やクレジットカードなどの書類をひっくり返して情報を整理した。
これが結構時間が掛かってしまった。
何故なら、金融関連の書類を昔から溜め込んでいたから。。。

要は、お金関連の書類は、捨てたらマズイと思って昔から溜め込んでいたのだ。
これが、結構膨大な量となっていた。
昨晩は、書棚に溜まったそれらの書類の整理をした。
結局、深夜の 2 時ぐらいまで掛かってしまった。
そして、今朝は不要と判断した書類のシュレッダー作業。

我が家のシュレッダーは家庭用なので、数分動けばクーリングのため数分休むタイプ。
結果、ほぼ午前中一杯シュレッダーと格闘していた。(ーー;)

それから色々とやり始めたのだが、自分が家計を預かっていた頃は各種金融機関のネットサービスが開始され始めた頃。
その時、ほぼ全ての金融機関のネットサービスに自分が申し込んでいたことを思い出した。
で、それらのサービスの接続確認をし始めると、結局全ての金融機関のネットサービスがまだ使えることを知った。
これって、自分的には結構感動ものだった。
忘れていた口座などもあって、アクセスしてみればちゃんと生きていたりしていて懐かしかった。

後は、今後の遣繰り計画の作成という本作業に入る。
さて、果たして吉と出るか凶と出るか?

算段した結果が、怖くもあり楽しそうでもあるのが事実。。。(^^;)
IMG_2502

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です