Chronograph.

自分の壊れてしまった腕時計。

何故壊れたか考えていて、思い当たるフシがあった。

電池の交換。。。

壊れた腕時計は防水のクロノグラフ。
確か去年か一昨年ぐらいに電池の交換をした。
そして、内部が曇ったことがあったのだ。

同じタイミングで PROTREK も電池交換したのだが、こっちは CASIO のサービスセンターへ送付して交換した。
だけど、壊れた SEIKO のクロノグラフは、持ち込んだ量販店で直ぐに交換してくれた。
今から思えばちょっと?と思える。

防水なのに、その場で電池だけ交換した訳だから。。。

その後、内部の曇りを見つけて、いつの間にか曇りが消えていた。
でも、その時点でダメだったんだと思う。
徐々に、内部のメカが傷んでいったのかと感じている。

そして今日、新しい腕時計を買った。
同じ SEIKO のクロノグラフ。
でも、ソーラー駆動のタイプにした。

SBDL001

要は、滅多なこと以外では、中を開けないで済むもの。
これが一番大事だと気付いた。
つまり、電池交換が不要な機械式かソーラーなど。

本音を言えば、機械式のクロノグラフが欲しかったけど、やっぱり予算オーバー!?(笑)
シエラを買って、パーツ類も装備し散財をして迷惑を掛けた今。
さすがに、我が家の大蔵省に欲しいとは言えなかった。。。

新しいクロノグラフを買ってくれただけで充分だった♪(^^)v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です