道標。

県西を走り回った時に、GPS ロガー代わりに GPS-Trk2 と言う iPhone アプリを使おうと思っていた。
しかし、当日充電用の Lightning ケーブルを忘れてしまった!?
ログを取得しながらだとiPhone の電池は半日も持たないはずだろうと思い、ログの取得は諦めた。

道中の地図は iPad で Google Maps を使用していた。
ナビに載っていない道でも、Google Maps には表示される。
それに、航空写真表示をすると、完璧に自分がいる場所が把握出来るのだ。
この機能が至極便利だ。
ちなみに、Google Earth は、自分の所有している iPad だとちと重い。
また、Apple のマップは、残念ながらまだまだ Google Maps には追い付いてはいない。機能/操作性は完璧に負けてしまっている。

そして道すがら、色々と iPhone で写真を撮りながら走っていた。

ロガーは、Google Maps で確認した位置と自分の記憶。(笑)
帰宅してから、Google Maps で道標をポイントしていく。
昔はマイプレイスという呼び方だったが、今はマイマップと言う呼び方らしい。

このマイマップに、これまでの猟行の記録は全て保存してある。

タツの場所、集合場所、ポイントの呼称など、記憶が鮮明なうちにポイントしていく。
今回も同じ作業をしながら、写真も整理していた。
iPhoto を使っているだが、情報表示をさせると写真を撮った場所が地図表示される。

あっ!

GPS 情報として、緯度と経度が記録されているのだ。
これって、GPS ログじゃんか!?(笑)

灯台下暗しだった。。。

iPhone で撮った写真の GPS 情報を、Google Maps に打ち込む。
すると、その場所がポイントされる。
要所要所の写真からポイントしていけば、自分の地図が出来上がって来る。
うん、これで充分だ!
と言うか、Google Maps にポイントを打ち込めばいいだけじゃん!?

GPS ロガーが欲しいと思ったが、ポイント、ポイントで iPhone で写真を撮れば済む話だと気が付いた。
まして、写真を撮るだけだったら、電池の消耗も気にしないで良い。

懸念事項は、 Google が Google Maps サービスを止めてしまわないことだけ。
これだけは、切に勘弁して欲しい。。。m(__)m

結果として、GPS ロガーは要らない。
強いて言えば、新たな配備をするなら iPad mini の方が良さげだ。

で、自分の行動記録と道標は、このやり方でいいんじゃないかなと?(^^)v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です