一宿一飯の恩義。

IMG_3367

要はそういうこと。。。

三ヶ月では早いが、半年であれば良いらしい。
でもね、一宿一飯の恩義を感じている。
それが、三ヶ月でも半年でも、期間は関係ないと思っている。
だから、素直に受け入れられず、場合によっては断ろうと考えている。

いきなり自分が現れた時は、今のチームも困惑したはず。
当然、自分も困惑している。
だけど、ネガティブさはなく、普通に迎え入れてくれたのだ。
そして今は、少しづつ期待をしてくれている。

であれば、その期待に応えてあげたい。
それが恩返しだろうと感じている。

また、自分の中で拘らなければならない騒動が勃発して、約一年が経過した。
そして、今回の言質を得た時、勝ったと自己認識が出来た。
やっと、溜飲が下がった。

同じフィールドに戻れば、若い連中の個性をスポイルしてしまうだろうと感じている。
損な性分かも知れないが、今の新たなフィールドで、新しいメンバーと苦楽を共にすることが人として正しい判断と認識している。

恩義を忘れてしまえば、自らの存在意義を否定してしまうような気がしている。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です