檻。

北方謙三さんの小説に「檻」というのがある。
何故か、最近そのことを良く思い出す。。。

あらすじとしては、裏社会で生きることをやめ、表の世界でまともに生きてゆくことを決意し平凡な日々を送っている主人公。
だが、ある事案に巻き込まれ、それが崩れようとしていた。
かつての「血」が沸き立つのを感じていた。
身体が、今の檻の中に居るような生活を拒否し始めたのだ。。。

何となく、現況とオーバーラップし始めている。

IMG 3437

自分もそこに世話になると決意して日々を送っていたのだが、それを乱されてしまうとね。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です