Twitter.

iMac を使っている時、いきなり AirMac ユーティリティの画面が表示され通信エラーとなった。

んっ!?

何か判らないが、ケーブルモデムの電源を落として再起動してみる。
でも、状況は変わらず。
AirMac Extreme の電源を落として再起動してみる。
それでも、状況は変わらず。
はて?

すると、ピンポ〜ンと来訪者。
女房が応対。
マンションの同じフロアに居住する女房の幼馴染の奥さんだった。

「テレビ映ってる?」
「確認してみるね。」

「ダメみたい。」

で、自分も顔を出して、
「ケーブルテレビのネットも繋がらないから、何か起きているよね。」
と。 

そして、気付けば、近所を緊急車両がサイレンを鳴らして往復している。
あっ!

JCOM に 連絡を試みるも、回線混雑で繋がらず。
絶対に何か起きていることを確信。

Twitter で検索してみれば、JCOM コールセンターでも何か起きている様子。
JCOM のサポートツイッターアカウントがあったので、ダメもとでメッセージを入れてみる。
すると、メール問合せアドレスを教えてくれた。
事象をメールで送った後、暫くしたら復旧した。

その後メールで、町内の一部で停電が発生して、JCOM の設備に電力が供給されなくなったことが原因と連絡が来た。
そうだったんだと納得!

そして、今回、Twitter の有効性に感服してしまった。
テレビとネットと電話をケーブルテレビに依存しているので、今回みたいな場合には電話も使えなくなってしまった。
で、ダメもとで Twitter から情報を求め、情報を得られることに感心してしまった。 

それに、企業側も Twitter をひとつのサービスと考え、専任の担当者を設置してサービスを提供している。
ソーシャルメディアサポートチームと言う部署名だった。
これってカスタマーサービスの一環として、正式に認知していることに他ならない。

何気に、スゴイことなんじゃないのかと感じている。。。f(^^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です