チームビルディング完了。

祝いの宴に向かう。

一番気に掛けていたメンバーが、管理職試験に合格をした。
その祝いの宴。

理不尽で不毛な数年間を経て、他のメンバーからだいぶ遅れての昇格だった。
だけど、自分の後継者としてバトンを渡そうと決めていた男。
不器用で、愚直で、正義感が強くで、アガリ症で、いつも手に汗を掻いて、喧嘩早くて、数年間も床に伏して己の病と闘って、地獄を見た男。

だから、胸に来るものはとても大きく、またとても嬉しかった。

これで、この会社における自分のチームビルディングは完了した。
女性 1 名と男性 4 名。
5 名のスペシャルフォースメンバーズ。
どんなことでも即応出来る頼れるメンバーたち。

あとは、このメンバーたちが後人を育成していけば良いはず。

本当に良かったな!!(^_−)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です