Runtastic.

年明けに思うことがあって、今年からワークアウトを始めようと思っていた。

しかし、器具を使ったり、ジムに通ったりするものではなく、自宅で出来る自重運動とランで考えていた。
Push-Ups,Sit-Ups,Squat,Run の 4 つで十分だと思っている。

そこで、Nike の無料アプリを見つけ、軽いワークアウトを始めた。

この Nike のアプリは、無料でトレーナーがアドバイスしてくれるようなもの。
素晴らしい!、と思い喜んでいた。

ただ、Nike でのワークアウトに、なかなか Sit-Ups が出て来ないのだ。
で、Sit-Ups 用のアプリを検索している時に、Runtastic というアプリが目に付くようになった。
有料アプリもあるので少し敬遠していた。

ただ、他に Sit-Ups 用の良さげなアプリが無かったし、この Sit-Ups 用は無料だったのでインストールをしてみた。
すると、なぜか d アカウントでもログイン出来るようなっていた。
んっ!?

気になって調べてみれば、ドコモのヘルスケア関係サービスで、”Runtastic for docomo” という月額有料サービスが存在していたのだ。
このサービスにレジストすれば、ほとんどのアプリが使用出来る。
それに Runtastic のフィットネストラッカー “Runtastic Orbit 01” が割引購入出来るのだ!?

実は活動量計、つまりフィットネストラッカーが欲しく、ズーッと物色していたのだ。

自分が理想とするタイプは、腕時計との併用して常に着装出来るブレスレットタイプと考えていた。
具体的には、Fitbit Flex2 か Misfit Ray で悩んでいた。
軽くシンプルイズベストで、時計機能やディスプレイも不要と考えていた。

ただ、オフタイムにしている腕時計の PRO TREK が電池切れを起こしていた。
二回目の電池切れであり、もう十年ぐらい使用している。
となると、防水/耐圧性能をキープするために、CASIO への交換依頼となり費用も嵩んでしまう。

であればと、新たな PRO TREK を物色するも、気に入るタイプはとても高い。
AppleWatch と同等かそれ以上の価格だ。
だったら、AppleWatch か?とも考えたが、AppleWatch であればフィットネストラッカーも兼ねるが常時着装は辛い。
それに、オンタイムではやはりアナログ時計を着けていたいのだ。

で、この “Runtastic Orbit 01” は時計機能とディスプレイも付いている。

だったら逆の発想で、オンタイムではアナログ腕時計と反対の腕に着装すれば良い。
オフタイムでは、時計も付いているのでこれひとつでいいじゃんか!と。
それに、ドコモポイントも貯まっていて、ポイントだけで賄える。
ちょっとした一石二鳥だ♪

あっさりと “Runtastic for docomo” にレジストして、ドコモオンラインショップで “Runtastic Orbit 01” もオーダした。

このビジネスモデルって上手いなと思っていたら、このサービスはドコモユーザだけでなく他のキャリアユーザも参画可能とのこと!?

ドコモ、なかなかやるな!(^_-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です