恐怖心。

ウェイトコントロールを現状維持に切り替えて、カロリーをあまり重要視しなくした。
バランス良く食べ過ぎないことに気を付けるようにした。

そうすると、身体の表面の張りが復活し始めた。
ウェイトは変わっていない。
ちょっと不思議だ。

事の発端は、ちょっと貧相に見え始めたことと僅かばかり骨重が減ったこと。

骨重が減ったことのインパクトが大きく、これ以上のカロリー制限はヤバいと感じた。
多分、今が自分の適正体重なんだろうと理解した。

スーツもジーンズも結婚指輪もぶかぶかになった。

でも、ウェイトが増加することへの恐怖心が芽生えている。

以前はそんな事、微塵も感じなかったのになぁ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です