時計屋。

近所にある時計屋さん。
だいぶ古いお店だ。

あまりお客さんが入っている印象はなかった。

自分の時計バンドを詰めたかった。
一番短く調整してもブカブカになってしまっていた。
メタルバンドなので自分で出来る訳もなく、持ち込んでみた。

驚いたことに先客がいた。
お客さん入るんだ!?

店内に入ると薄暗く、ジャズが流れていた。
そして、髭を蓄えた店主。
先客の電池交換?が終わり、話す内容がプロの見識だった。

格好良くて侮れないお店だと気付いた。

ひとコマ詰めて、一段広げて欲しいとお願いをした。
すると、初めに値段を教えてくれた。
うん、良心的だ。

ほんの数分で出来上がった。

はめてみれば、ピッタシとなった。
嬉しい♪
一年間以上もブカブカだったのだ。(笑)

でも、本当に侮れない時計屋さんだったな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です