タクティカルライト。

先日の停電の際、認識を新たにしたことがある。

ローソクと懐中電灯の類は、いつでも使えるようにしていた。
故に、陽が落ちてもあまり不自由は感じなかった。
だけど、俗に言うタクティカルライトは、熱がすごいということに気付いた。

よくあるライト部分が大きい普通の懐中電灯はふたつ。
ひとつはラジオ付き。
あとは、LED のシュアファイアとマグライト。
シュアファイアはディフェンダーと言うモデル。

これを一番明るいモードで使用し続ける、ものすごく熱くなった。
でも、マグライトはそんなことはなかった。

ディフェンダーが不良品かと思い調べたのだが、そもそもタクティカルライトは戦闘用のものなので、使い方が間違っていると!?
要は、明るい光で目くらましをする武器であると。
なるほど。。。

格好の良さで買ったのだが、自分自身この先朽ちるまで、相手を明るい光で目くらましをして戦うことはないと思う。(笑)

であれば、アウトドアでも使えるようなライトが良いはずだね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です