脂肪燃焼ゾーン。

今朝はジムワークでなく、ロードワーク。

ジョギングあるいはランニングとウォーキングで迷っている。
fitbit も Runkeeper も、ジョギングと言う種目が無いのだ。
つまり、ランニングとウォーキングの二択。

その選択で何が変わるのか良く分かってはいない。
でも、ランニングを選択することには烏滸がましさを感じる。
かと言って、ウォーキングなのか?という思い。(笑)

そもそも自分のロードワークは何を目的にして実践しているのか?
そこを問うてみた。

脂肪を減らす>心肺機能の向上>脚の筋力向上の順番かと。。。

自分が優先したい一番が脂肪を減らすこと。
であれば、ランニングでもウォーキングでもどちらでも良く、脂肪を減らせれば。
そして、よく言われるダイエットにはランニング(ジョギング)よりもウォーキングと言う説。

調べていけば、脂肪燃焼に最適な心拍数を指しているようだ。
脂肪燃焼ゾーンってやつ。
これを求める際に必要なのが最大心拍数。
そして、計算式。
この計算式が結構ラフみたい?

220 – 年齢 = 最大心拍数
220 – 年齢 * 0.6(0.5~0.69) = 脂肪燃焼ゾーン

220 という数字と年齢という大雑把なパラメタ。
いいのだろうか?(笑)

そもそも fitbit でのスコアが気になっていた。
ロードワークをしても、脂肪燃焼スコアは少なく有酸素スコアが大半を占めていた。
当然、fitbit でも計算はされている。
計算式は前述のものとのこと。

これが自分の心拍数ゾーン。
つまり、82bpm 〜 115bpm の範囲が、脂肪燃焼に最適とのこと。
うん、完璧にずれていた!?
今日は 145bpm を脂肪燃焼のアベレージで考え、その心拍数を維持できるように走ったり歩いたりしていた。

本当にこれが正しい数値であれば、脂肪燃焼はイージーだと感じた。
普通に歩いていれば、このゾーンを十分にキープできし、多分ゾーンを超えてしまうかと感じる。
今日だって、ちょっとクールダウンで歩き始めると、直ぐに 130bpm 台に落ちた。
となると、本当に普通に歩いていれば良いとのことになる?
本当なのかな??

もし、これが本当であれば、脂肪燃焼のロードワークはやめにして、ジムワークでのトレッドミルが適切である気がしている。
ロードワークの目的を、心肺機能の向上>脚の筋力向上に変更して、脂肪燃焼はジムワークでのトレッドミルでこなす。
30 分〜 60 分やれば良いと思う。

ただ、この心拍数の計算が微妙で、信じて良いものか悩むなぁ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です