カテゴリー: 私的雑記

ウェイトを軽くし過ぎたかな?

昨日のウェイトトレーニングで、終了後にそれほどインパクトを感じなかった。
だからそんな風に思っていたのだが、ところがどっこい昨日の夕方から腰と膝にきていた。
ただ、今日もトレーニングに行くか軽く歩こうと思っていた。
でも、今日は上腕と肩(僧帽筋)も痛み始めた。

休息だな。。。

結構効くもんだな。
それに、姿勢が全然ダメだと確信している。

イメージした動きと形とは、だいぶかけ離れていることは自分でも認識している。
まずは、ウォーミングアップでバーだけで練習した方が良さげだ。

なかなか奥深いぞ!(^.^)

去年はウェイトダウンを目標とした。
去年の目標はクリア出来たので、今年は筋肉を付けることを目標とした。

正直、ウェイトを絞って貧相な身体つきになってしまっているのだ。
だから、若干ウェイトアップを狙ってみたのだが、筋肉ではなく脂肪として復活している!?
こうなると、王道である筋トレに励むしか無いと悟り、昨日入会したジムへ早朝トレーニングに行って来た。

何故早朝か?と言えば、人が少ない状況でウェイト器具やマシンをじっくりと見て覚えたかったから。
そう、右も左も分からない状況で、今の頼りは YouTube の筋トレ動画だけ。
この方の動画を一番信用している。
本当はパーソナルトレーナーをお願いすれば良いのだけど、かなりお高い。。。
そんな状況で現物を触るのは、今日が初めてなのだ。

案の定、女性がひとりバイクを漕いでいただけ。
だけど、自分と同じタミングでどう見ても高校生の男子が入って来た。
その後、高校生のお友達の男子高校生もやって来た。
近頃の高校生はリッチなんだなぁ〜と思ったが、ひょっとして親のカード使ってジムの係がいない早朝に来ているのか?

まずはフリーウェイトコーナーに陣取る。
パワーラックは知っていたが、もう一つ同じ様なラックがあった。
バーベルが、レール軌道に固着していて、バーを捻ればレールに引っ掛かり落ちない仕組み。
スミスマシンと言うやつだ。

色々と物色すると、ちゃんとゴールドジムのウェイトリフティングベルトも S/M/L と常備されている。
腰のために、絞るように巻いた。

さて、まずはスクワット。
初めてで、ひとりでのスクワット。
いざという場合を考えて、スミスマシンでやってみる。
これって、フリーウェイトじゃ無いじゃん!?(笑)

初めてなので、ウェイトは自体重の 70% にした。
それでも結構しんどい!

次のベンチプレスからは、パワーラックに移った。
ウェイトは自体重の 50% にした。
腕がプルプルして、安定して綺麗な軌道で挙がらない!?

そして、デッドリフト。
ウェイトは自体重の 80% にした。
しんどい。。。

それぞれ 5Rep を 5Set こなして終了。

終わってみれば、それほど堪えていない。
こんなもんなのか?

その後、ジム内をつぶさに観察し、マシンを一台一台確認していく。
16 種類あった。
そして、二ヶ月間の無料サービスの水素水を初めて飲む。
うん、柔らかい感じだ。
でも、無料サービス期間が終了して有料となってまでも必要だとは感じなかった。
期間前に解約しよう。

まあ、やってる姿は人様に見せられるもんではなかった。(爆)
意識しても背中が曲がってしまっている。
挙動もスムーズではない。
でも、気持ち良かった♪

朝の 7 時ぐらいに来て、小一時間ぐらいで帰宅。
その間にジムへ来た人は、例の高校生のお友達 1 名とおじさんが 1 名だけ。
このジムで正解だと感じている。

帰宅してから歩くか走るかで少し悩んだ。
何でも、筋トレをすると有酸素運動が良いとか悪いとかの諸説を目にしていたから。
この真偽は、これから勉強をしてみる。
で、少し歩くことにした。

上大岡まで歩き、スポーツ用品店でリストストラップを購入。

グローブと迷ったが、こっちが良いように思えた。

さて、明日はどうしようかな?と思いながら、こんなもんかと思っていたツケが回って来た。

腰と膝が痛み始めたよ。。。

年末に行けなかった筋トレ。
今日デビューしてみた。

受付で初めての筋トレであること、フリーウェイトをやりたいので指導員がいるなら指導して欲しい旨を伝えた。
すると、受付の人がちょっと困った表情となり、少々お待ち下さいと。

担当の方が出て来て、最初はマシントレーニングが良いとのアドバイスとトレーニングの指導までは出来ないと言われた。
マシントレーニングを先に勧めることは知っていた。
マシントレーニングは使い方を説明してしまえば、あとはやってもらうだけで怪我の心配も無いから。
フリーウェイトトレーニングは、方法の説明も面倒臭く怪我の可能性もある。
だから、どこのジムでもマシントレーニングを勧めると知っていた。
ただ、指導員がいるとのことなのに指導できないとはこれ如何に?

ここに来たのは指導員がいるから。
それに安価だからだ。
指導員が指導できないのなら、巷のジムと同じじゃないか。
ちょっとカツンときてしまった。

ただ、せっかく来たのだから、筋トレデビューをしてみた。

マシンの説明を一通り受けた。
受付の時から気付いていたのだが、朝一で訪れたにも関わらずフリーウェイトコーナーに既に 4 名ぐらいの人たちがいた。
ムキムキのおじいちゃんとロン毛のナルシスト風と自分より若干年上だろうおじさん 2 名。
フリーウェイトコーナー自体狭く、入り辛い雰囲気が醸し出されている。

ちょっと空いたらトライしてみようと思ったが、一抹の不安も頭を過ぎった。
事前に調べた時、横浜市のこの施設は各区に存在している。
各施設に常連組みたいな人たちがいるらしく、場所によってはタトゥーのせいで一般ジムに行けない人たちが数名で押し寄せているケースもあるみたい。
だから、当分空くことはないのかも。。。
ただ、ムキムキのおじいちゃんが指導員なのかな?と推測した。

マシン自体初めての経験なので、面白かった。
だけど、10 時を過ぎたあたりからどんどん人が来始めた。
気付けば、マシンもやり辛くなってきた。

ベンチに座って少し休憩しながら観察。

すると、指導員だと思ったムキムキのおじいちゃん、マシンを使っている人にちょっといいかなと言って、無理やり譲ってもらってやっている。
んっ、この人指導員じゃ無いじゃんか!?

何となく、この施設の事情が飲み込めた。
この人たち、きっと常連組なんだろうな?

そんな中に入って我関せずトレーニングをする人も数名いたが、自分は右も左も分からない初心者。
そこまでの度胸はなく、日か時間が悪いのだろうと感じてお昼前に切り上げた。

帰宅途中、どうせならと思い新しく出来たジムに連絡して、見学できるかを問い合わせた。
今すぐ OK とのことなので、帰り道途中なので見学させてもらった。

この新しいジムは地下にあるのだが、上手く明るい雰囲気を作っていた。
見学と施設の説明を受けている時、担当の女性が以前は先ほどのスポーツセンターに行っていたと言う。
自分も正直に、そのスポーツセンターの帰りだと伝える。
フリーウェイトをやりたかったけど、なんか人が多くてと正直に伝えた。
すると、いますよねあの人たちと!?
えっ、いつもいるのですか?
いつもいますね!

ああ、やっぱり常連組だったのだ。。。

スポーツセンターが混雑しているこの時間、ここは空いていた。
それに、フリーウェイトコーナーは人気が無いようで誰も使っていない。
いつもこんな感じですか?と尋ねれば、大体そうらしい。

ここで自分の頭の中がフル回転し始めた。

スポーツセンターは、9 時から 20 時まで。
それに、指導員が教えてくれる訳でもなく、多分土日は常連組に占拠されているのだろう?
だったら、マシントレーニングだけで満足できるか?
満足はできないし、フリーウェイトを是非ともやりたい。
それにここは 24 時間いつでも好きな時に来られる。
教えてもらえないことは一緒。
だけど、料金が高い。
でも、やりたい BIG3 をスポーツセンターでやることはハードルが高い。
それに、スポーツセンターは人が多いので忙しなく、トレーニング記録することもままならない。
ここは、自分のペースで出来る。
また、今ならオープン記念特価だし、ウォーターボトルももらえる。
どうする?

束の間逡巡して、今入会します!!と申し入れた!?(爆)

手続きも含めて小一時間ほど居ただろうか?
最後に、若いお兄さんがフリーウェイトトレーニングをし始めた。
また、人の出入りはあるけれど、混むことは無い。
ここで正解だろうと確信した。
同時に、妻が怒ることも確信した。。。

トレッドミルがいっぱいあったから、雨の日でもウォーキングやジョギングもできる。
それに、会社へ行く前や会社帰りにも地元駅なのでトレーニングできる。
結局のところ、また時間と空間をお金で買ってしまったことになるのだが、無駄金にしないようアグレッシブに活用しよう。

かなりイイと感じている。

ただ、先にダメなところ言えば、食事の入力機能がダメだった。
バーコード入力も使用できるのだが、いまだかつてヒットした食品は無し!?(笑)
あと、自分で食品を入力できるのだが、時々指定した食品数量単位が勝手に変わってしまう?
それ以外は、今気になってるところはない。

あとは全部快適に使用できている。

心拍数は、Withings(NOKIA) Body Cardio とオムロンの血圧計の両方とほぼ同じ値となっているので、おかしい数値ではないと判断した。
歩数も手首を振るだけでなく、実際に歩かないとカウントアップされないことを試してみた。
電池の持ちも、激減することはなく満足できるレベル。

今のところ、なかなかイイ調子だ♪

やっぱり電車はガラガラだった。。。

2 日間休めば 11 連休だもんな。

仕事をぱっぱと片付けて帰ろうと思っていたが、仕事始めの日から残業となってしまった!?
まあ、暮れの仕込みが甘かったということか?(笑)

とりあえず、今年も頑張りますか♪

何となく昨日から試していることなのだが。。。

往路 5km はジョギング。
復路 5km はウォーキング。
と考えていた。

実際にやってみると、復路のウォーキングで以前ほど早く歩けなかった。
往路のジョギングが効いているみたい?
それに歩いていると体が冷えるし、物足りなく感じてしまう。
そこで、時々ダッシュをすることにした。

短い距離だが、全力疾走をしてみる。
大人になってから全力疾走なんてしたことがなかったから、すごく新鮮に感じた。
繰り返しやっていると、太ももの後ろ側の筋肉が痛み始めた。
でも、これって有りかもしれない。
気持ちが良いのだ♪

往路の平均心拍数は 147bpm で 360kcal の消費。
復路の平均心拍数は 136bpm で 382kcal の消費。

ダイエット効果が高いのはウォーキングと聞いていたが、その裏付けが取れた結果だった。
となると、ひょっとしたらダッシュすることは脂肪燃焼観点から言えば逆効果だったかも?

どのくらいの心拍数が脂肪燃焼に適しているかと言えば、最大心拍数の何パーセントとなるようだ。
だけど、そのベースとなる最大心拍数を計算する方法もいくつかあるみたいだ。
fitbit では、カルボーネン公式と言う [220 – 年齢] で算出しているとのこと。
この値自体も変更できるようだ。

この心拍数を基にしたトレーニングを心拍トレーニングと言うらしい。
fitbit の心拍計が搭載されたモデルはその概念なんだろうね。

ちょっと心拍トレーニングについても、学んでみようと思っている。

契機はRunstatic のアプリが刷新されてからだった。

Runstatic ウェアラブルデバイスの ORBIT を常に手首に巻いている。
それに対するアプリが “ME” というものだった。
とてもシンプルで分かりやすいアプリだったのだが、”Steps” と言う名前に変わって刷新された。
情報量が増えた?のか、分かりづらいアプリとなってしまった。
また、その時からヘルスケアに上手くデータが反映されず、ORBIT をリセットして正常となった。

Runstatic のランニングなどのアクティビティアプリも刷新された。
刷新されてからヘルスケアにデータが流れず、ランニング終了後にアプリを終了してもウェブサイトで見るとまだ走っている最中とのステータス!?
ある程度時間が経過すると終了したアクティビティに変わるのだが。。。

少し Runstatic やヘルスケアに嫌気を感じ始めていた。

連携するアプリが多いのか、それとも連携方法がマズいのか?
あと、走り始めてから、やはり心拍数もモニターしたい欲求が強くなってきてしまった。
それに、今後は筋トレもやり始める。
で、最近色々と調べ始めていた。

心拍数が計測できるウェアラブルデバイスとしては、fitbit か Garmin が良いと自己結論付いた。
では、どちらにするか?

機能や外部連携では Garmin が優秀かなと感じた。
ヘルスケアともシームレスに連携できるし、他のアプリともスムーズに連携できる。
fitbit はそのままではヘルスケアと連携できない。
珍しいなと思ったが、サードパーティーのアプリを介せば連携可能のようだ。
これって、Apple Watch が発売され競合となってしまったからだろうか?
以前は、Apple Store でも fitbit を販売していたが、Apple Watch が販売されてから取り扱いをやめたことからも窺える。

では、Garmin かと思えば、どうにもバンドの耐久性に難があるようだ。
一年もせずに、バンドが裂けたり切れたりしちゃうみたい。
また、バンドが交換式でない。
これって、常に身につけるものだからインパクトが大きい。
fitbit はバンドが交換式だ。
それにデザインが秀逸。
つまり格好良いのだ。

それに、外部連携がスムーズでも、今回のように色んな連携をさせることに疑問を感じ始めていた。

色んなアプリを駆使して連携させるより、ミニマムな構成で構築できるものが良いと。
そこで、fitbit と Garmin のアプリを調べて気付いた。

fitbit がヘルスケアを連携しない訳。

それは、fitbit アプリが自己完結していることも理由のひとつなのではないか?

Myfitnesspal のようなカロリー管理も出来てしまう。
Runstatic や Runkeeper みたいなアクティビティログ管理も出来てしまう。
ヘルスケアのような統合ダッシュボード機能がある。
となると、ヘルスケアに頼らず自己完結出来てしまっているのだ。
このことは、ヘルケアと連携できないことがマイナスポイントなのでは無く、逆にメリットに転じる部分だと感じた。

近年、販売数やシェアが落ち込んでいることを聞くが、老舗であることは変わりない。
そして、デザインの良さ。
これまで腕時計とウェアラブルは別物と考えていたが、fitbit Charge 2 であればレザーバンドに交換すればビジネスシーンでも違和感なく逆にお洒落だと思う。
それは常に身に付けていられるということ。

はい、で、年末にポチッとして大晦日に届いていました♪

自分がチョイスしたのは fitbit Charge 2 というモデル。

届いた当日に色々弄ったり、実際のウォーキングやワークアウト、それに食事(カロリー)管理で使ってみた。
翌日の元旦にはジョギングで使ってみて、Myfitnesspal と Runtastic と Runkeeper とワークアウトアプリとヘルケアアプリとおさらばしてしまった!?

やっぱり、fitbit で自己完結出来たのだ♪

厳密に言えば、NOKIA(Withings) Body Cardio と fitbit だけとなる。
NOKIA(Withings) Body Cardio は体組成計なので、fitbit で計測されない体組成データを連携するようにした。
そうそう、NOKIA(Withings) Body Cardio で血圧データの手入力管理が出来ることも知った。

で、今日から fitbit のある生活を実践してみた。

まず、fitbit Charge 2 には GPS は搭載されていない。
でも、スマホの GPS を Bluetooth 経由で利用できる。
だから、ウォーキングやジョギングの地図データもちゃんと取得できる。
また、GPS を搭載していないので、その分バッテリーの持ちが良いのだ。

睡眠分析は 就寝時と起床時にボタンを押下する Fantastic ORBIT とは異なり、自動で睡眠を検知してデータ収集をしてくれて、細い分析も教えてくれる。
それに、就寝時に付けていても気にならず、一日中付けていることに違和感を感じないサイズと素材だと感じた。

ワークアウトも開始すれば、勝手に計算をしてくれる。
このあたりは、心拍数を取得しているので、時間と心拍数での計算なんだろうね?
筋トレもこれでいけると思っている。

食事(カロリー)管理は、Myfitnesspal と同じく、アクティビティ消費カロリーを反映して摂取カロリー管理をしてくれる。
食事の入力は、これも同じようにバーコード検索もできるが、正直ヒットする品数は少ない。
しかし、名前入力検索だと豊富に候補が出てくる。
これは、やはりそれなりのシェアを保持したので、色んな人が色んな食品データを入力して蓄積されたからだろう。

fitbit アプリは、スマホ版もウェブ版もあり上手く UI が考えられていて、シンプルでわかりやすい構成となっている。

そして、アクティビティが少ない時は、適宜控えめに「動きませんか?」、「歩きませんか?」とお誘いをしてくれる。(笑)

GPS を搭載していないこと、心拍数を計測していること、このふたつが大きなメリットになっていることを知った。
あとはデザインの秀逸さ。
こんなに素晴らしいのであれば、もっと早く手に入れれば良かったと少し後悔している。

現時点ではベストバイだと確信している。(^_-)

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今年はナッシュがいないので、初日の出に行きそびれてしまった。。。

13 年間、大晦日は除夜の鐘の音に怯えてナッシュが泣き始め、自分のベットであやしつつ寝て、朝起きれば初日の出の散歩に一緒に出掛け、帰宅してから朝風呂というルーティンだった。
今年からは、ルーティンが少しだけ変わってしまったな。

ささやかなおせち料理を楽しみ、お昼前に氏神様へ初詣に行った。
ただ、氏神様ではお守りを扱っていないのだ。
いつも兼務社である、蒔田の杉山神社まで授かりに行くのだ。

これまでクルマで出掛けていたのだが、年末の忘年会や今日のおせち料理などリッチな食事内容だったので身体が重たくなっていたのでジョギングで授かりに行った。

案の定シンドイです!?(笑)

10km をジョギングするようになって無理をせず土日のどちらか一日だけ走るように変更したのだが、誤った変更だったと思い始めている。
ウォーキングの頃は、土日でも両日歩いていた。
身体に対するインパクトが少なかったので支障は無かった。
でも、ジョギングだと二日間続けてはインパクトがあったから。

ただ、週末だけのワークアウトだから、考えれば二日間続けた方が良いと感じた。
どちらか一日をウォーキングにするとか、半分をジョギングで半分をジョギングにするとか。

何となく、10km をハーフアンドハーフでこなした方が良いような気がしている。(^^;

今年も何とか乗り切れそうだ。

今年も色々とあった。

正月明けの真夜中に妻が倒れた。
正直、喉から心臓が飛び出るほどびっくりした。
この時点から、自分の肉体的な変革が必須だと認識したのだ。

6 月には、ナッシュが星になってしまった。
何の心の準備もする余裕も無く、あっという間に旅立ってしまった。
この時点から、妻といる時間を増やすようにスタイルを変えた。

そして、ウェイトダウンと少しの運動を実践し始めた。
お陰様で、長いメタボ人生とおさらばすることもできた。
別に長生きを意識した訳では無い。
いざという時に、動けるようになりたかっただけ。

こんな状況だったので、ライフスタイルも至極変わった
睡眠も大切だろうと、最低 7 時間は寝るようにした。
つまり、21 時過ぎには就寝して、4 時過ぎには起きるサイクル。
それに、ウォーキングやジョギングは、週末の休日にやり始めた。
そうなると、金曜日の夜も出歩かなくなった。
必然的に以前に比べて夜のお付き合い激減し、付き合いが悪い奴に変貌を遂げてしまった。。。

まあ、シフトする一年だったのかも知れない。
それに、色んな大切なものを失って、色んな大切なことに気付かされた一年だった。

そして、今年もまた生き永らえることが出来た。
毎年同じ変わらぬ想い。

一期一会。

感謝の念と新年が幸多い年であることを願って。。。

今日のジョギングは、Runstatic と Runkeeper 両方のアプリを起動してロギング。

収集値はほぼ同じだが、やっぱり消費カロリーが異なる。
それにも増して、ヘルスケアに連携するアクティブエネルギーやウォーキング&ランニング距離などが微妙にRunstatic と Runkeeper の収集値と異なる。
何かしらの加減算が入っている?
それ以外のデータも何か少し変だ。
連携のさせ方や順番がおかしいのか?

各収集データを集約して、ヘルスケアを統合ダッシュボードにしていたがちょっと辟易し始めた。。。

帰宅してから御墓参り。
一年間の不甲斐なさを詫び、今年も生き永らえたことを感謝する。

そして、夜は “ふうじん” さんで忘年会。

今年もこうやって年末の恒例行事を実現できて、何となくホッと安堵できた。